1. HOME
  2. エロ体験談
  3. 最高のデリヘル体験

最高のデリヘル体験

顔はイマイチだけどプレイは最高

私は今まで様々な風俗で遊んできましたが今でも思い出してしまう
女の子がいます。その子との出会いはちょうど一年前くらいだったかな。
そのお店で一度女の子を呼んで対応が良かったので
同じお店で違う女の子をネットで指名しました。
色々プロフィールを見てその女の子を指名したんですけど、
実際に会ってみるとちょっとテンションが下がってしまう感じの女の子でした。
写真加工に騙されたなぁなんて思いながらも
とりあえずキャンセルはしないで待ち合わせ場所からホテルに向かいました。
ホテルに到着してエレベーターに一緒に乗ると
彼女はいきなり私の股間を服の上からナデナデと愛撫してきました。
突然で少し驚きましたが私も負けじと彼女の胸を揉みしだきました。
二人で盛り上がってしまいエレベーターが到着するまで
ディープキスをしながらそんなことをやっていました。
そして部屋に入るなり彼女がお店に電話を入れて湯船にを張り出しました。
お湯が溜まるまでにソファーで軽く会話をしていたのですが
そこでも突然私のパンツの中に手を入れて下半身を触ってきました。
エレベーターの中の続きをするようにイチャイチャしていると
お風呂の湯船が溜まって一緒にお風呂に入る事に。

まさかの生挿入

一緒に湯船に入っていると彼女は私の上に跨ってチンポを握ってきました。
そしてゆっくりと腰を下ろしてきて彼女の膣内に入ってしまいました。
これにはかなり驚いてしまいましたが、反面ラッキーと思い
そのまま湯船の中で本番開始しました。
たっぷりと突いてあげて湯船の中に一回目の射精。
身体を洗ってそのままベッドへ。
ここでも生で挿入させてくれたので
正常位から騎乗位、バックや対面座位などで
彼女の身体を突きまくりました。
すると彼女が小さな声で「イっちゃう…」と言ってきたので
より激しく彼女を突くと痙攣しだして絶頂したようです。
その姿を見て私もガマン出来なくなってしまい
彼女のお腹に大量の精子を放出しました。
まだプレイ時間も残っていたので彼女に生で良かったの?と聞くと
「生でしたくなっちゃったから…でも他のお客さんとはしてないよ?」との言葉が。
いかにも嘘っぽい発言でしたが、それでも私は嬉しくなってしまいました。
喋っているうちに時間が迫ってきましたが
どうしてもあと一回したくなったので
彼女にお願いして三回目の生挿入。
何とか時間ギリギリで発射する事ができました。
そして帰り際に連絡先を交換してホテルをあとにしました。
それからというもの彼女を指名しては生本番を楽しんでいます。